国際結婚 離婚 大変

国際結婚をした夫婦が離婚をする時に大変なこと

国際結婚をした夫婦が上手くいかず、離婚をしてしまうことがあると思いますが、国際結婚をしている人が離婚をする時は、大変なことがたくさんあることをあなたは知っていますか?

日本人同士の離婚に比べてもさまざまな大変なことが多いのが、国際結婚なのです。 では早速、国際結婚の夫婦が離婚するとなると、どのようなことが大変なのかを見ていきましょう。

1つ目は、離婚の手続き
やはり1番は、離婚の手続きでしょう。 離婚が決まり、離婚届を出す際に、国際結婚なので、通常の離婚よりも書類が多く必要になるのです。 日本人同士が離婚する時であれば、離婚届だけで済みますが、国際結婚だと、国によって必要になる書類が異なり、用意するのに手間がかかってしまいます。 また書類に不備があるかもしれませんので、それにも対応できるように、離婚届を出しに行く時も一緒に行った方がいいかと思います。 また日本での離婚の手続きが終わっていたとしても、相手の国でも結婚の手続きをしているので、離婚をするのであれば、離婚の手続きもしなくてはいけないのです。 日本国内にある相手の国の大使館で手続きを済ませることば出来る場合もありますが、相手の母国に行かないと離婚手続きをすることが出来ない場合もあるのです。 相手の母国まで行かないと手続きすることが出来ないとなると、時間もお金もかかるので大変ですよね・・・ また宗教上の理由で、離婚が認められていないという国もあるようなので、そのような宗教の人と結婚すると大変ですね。 またしっかり調べながら手続きを行っていかないと、離婚が成立しないなんてこともありますから、相手にまかせっきりにせず、一緒に行うようにしてください。

2つ目は、慰謝料
国際結婚をしていて、日本に住んでいるのであれば、離婚の時の慰謝料は日本の法律が適用されます。ですが、慰謝料の支払いが決まっても、国際結婚であると、決定通り支払いをしてもらえない場合があるようです。 どうしてしっかり支払いをしてもらえないかというと、相手が自分の国に戻ってしまうと請求するのがからり難しくなってしまうからなのです。 相手の国の弁護士に依頼して、請求することも出来ますが、費用がかかってしまうので、無理に等しいでしょう。

3つ目は、養育費
慰謝料でも言いましたが、養育費も同様にしっかり払ったもらえないことが多いようです。 相手が自分の国に戻ってしまうとやはり支払わせるのは難しくなってしまうので、相手が帰ってしまう前に、出来るだけ前払いをしてもらっておくと良いようです。

4つ目は、親権問題
これは日本人同士の離婚でも同様ですが、離婚をする際に、未成年の子供がいる場合は、どちらかが親権者になる必要があります。 子供の親権がもし相手になってしまい、外国にいってしまうと、子供となかなか会うことが出来なくなってしまいます。 また未成年の子供がいるとビザの取得が容易なので、国際結婚をした人が離婚するとなると、親権で揉めてしまうことが多いのです。 ですが、1番に考えなくてはいけないことは、そんなことよりも子供の幸せを考えて親権を考えるのが1番だと思いますので、親権を決める時は、子供のことを考え冷静に話し合いましょう。 またこれに関係することではありますが、離婚の調停や裁判が長引いて親権がなかなか決めらないと時に、相手が子供を自分の国に連れて帰ってしまうことや、親権が取れなかったことで、連れ去ってしまうことがあるようです。 こういったことが起きてしまった時は、外務省を通して子供を返してもらうように要求することが出来ます。ですが、子供が相手の国にいるので、相手の国の法律に基づいて裁判などが行われるので、連れ戻すというのは難しいようです。 これをしてしまうのは1番卑怯ですので、してほしくはありませんよね!!

このように国際結婚をすると離婚をするのにも一苦労なのです。 離婚をしないのが1番ではありますが、これは家庭ごとに色々な問題がありますから、仕方ないことだと思います。 皆さんは、国際結婚の離婚率がどれくらいなのかを知っていますか? 国際結婚は、国内結婚よりも離婚率が高いと言われているのです。やはり育ち方も考え方も違うので、意見が食い違うことが多いのかもしれませんね。 また日本人の場合は、日本人男性と外国人女性の国際結婚の離婚率は、約70%で、日本人女性と外国人男性の国際結婚の離婚率は約49%だそうです。 日本人は、女性よりも男性のほうが離婚率が多いことが見てわかりますね!

また国際結婚の離婚は、何が原因なの?と気になる人がいると思いますので、少し見ていきましょう。

1つ目は、お金の価値観の違いです。
お金の価値観の違いで離婚してしまうという人が非常に多いようです。 国によってお金の価値観の違いが違うので、一緒に生活するとなると、お金の価値観が非常に重要になっています。 まったく価値観が違う人と生活していくと、ストレスが溜まったりするので、離婚になってしまうのかもしれません。

2つ目は、性欲の違いです。
日本人に比べると、外国人は性欲が強いため、必要以上に性行為を求められることがあるようです。 一緒に生活するので、お互いが満足できなくてはいけませんから、したくなくても性行為をしなくてはけないこともあるんだとか・・・ また外国人に「今日は疲れているから」と言うと、「浮気をしている」と怒る人もいるようです。 必要以上に求められるのが嫌で離婚を決意してしまうなんて人もいるようなので、あらかじめ性行為について話し合っていたほうがいいのかもしれませんね。

3つ目は、食の好みが合わないことです。
夫婦で食の好みが合わないというのは、結構大変だと思います。 自分が好きな物を相手が嫌いだと、なかなか食べることが出来ませんし、逆の場合も大変ですよね! 結婚するのであれば、自分が好きな物を一緒に食べてくれるように、食の好みが合う人の方が生活をするには楽だと思います。

このような原因で離婚を考えてしまう人が多いようです。

これをみてもわかるように、国際結婚をして離婚をするとあると色々大変なことがわかったと思います。 離婚をしないのが1番ですが、そこはどうすることも出来ませんから、離婚をするのであれば、離婚は大変と思っておいた方が良いでしょう。

↑ PAGE TOP