国際結婚

国際結婚での相手の親との付き合い方

結婚するということは、相手の親ともずっと付き合っていかなくてはいけなくなります。

日本人同士が結婚しても、相手の両親との関係が上手くいかないという人が多くいますが、国際結婚になると、どのように両親と付き合っていけばいいのでしょうか?

なので今回は、国際結婚をした際に、相手の両親とどのように付き合っていけばいいのかを見ていきたいと思います。

まず国際結婚をするとなると、相手の両親は外国人になるので、会話を外国語で話さなくてはいけなくなります。 相手に通訳してもらいながら会話するということも付き合っている間であれば、問題ないかもしれませんが、結婚するとなると、そうはいかなくなります。 結婚すれば会う機会が多くなりますから、自分で会話をすることが出来るようにならなくてはいけません。

また相手の話が分からないと何を言われているかわかりませんし、たくさんの人が話している中で自分だけ話しについていけないと退屈を感じてしまうことがありますから、自分で話せるようになった方が、相手が話していることも分かりますし、話についていくことが出来ると思います。

自分で話せるようになった方が、より関係も良くなると思いますし、楽しく過ごすことが出来ると思うので、外国語を積極的に勉強して語学力をあげましょう。 国際結婚をするのであれば、覚えるのが嫌だとかは言ってられませんから、頑張りましょう。

また親戚などの集まりに参加したくないなと感じてしまう人がいると思いますが、参加しないと人間関係がやはり悪くなってしまう可能性が出てくるので、相手の両親と上手く付き合っていきたいと思うのであれば、積極的に集まりに参加した方が良いと思います。

また誘われるだけではなく、たまには自分から誘ってみると両親も喜ぶと思いますし、それでもっと関係を深めることが出来ると思います。 また「自分から誘うのがちょっと苦手だ」という人であれば、自分から積極的に話をかけて会話をするようにするのも効果があると思いますので、やってみましょう。

ですが、だからと言って「何か話さなきゃ」と焦ってしまうのは禁物です!! 焦ってしまうとパニック状態になってしまい、混乱してますます離せなくなってしまう可能性が出てきてしまうので、焦らなくて大丈夫です。

もしも焦ってしまった場合は、まずは深呼吸をして自分を落ち着かせてください。そして話せることがあれば話すようにする方がいいかと思います。

そして話をする時に気を付けてほしい点は、祖国の話ばかりしないことを注意してください。 知らない国で暮らすので「祖国に帰りたい」と思ってしまうことはめずらしくありませんし、仕方がないことです。ですが、祖国の話ばかりをしてしまうと、相手の両親は、「祖国に帰りたいのでは・・・」「この国で生活をするのが嫌なのか」などと感じてしまい、人間関係が悪くなってしまう可能性がありますので、何を話すのかを考えてから話をした方が良いかと思います。

もしも相手の両親が祖国の話を聞きたがっている時に、祖国の話をしてあげるのは良いですが、そうでなければ出来るだけ控えた方がいいと思います。

また相手の両親は、あなたが自分達の国に適応できるのかということを常に心配していますし、相手の両親は自分達の国を好きになってもらえるのかも考えているのです。

なので、その心配を少しでも取り除いてあげるためにも、適用することが出来るようにしているというのを両親に見せれば、少しは安心することが出来ると思います。 そのためには、その国のテレビを見てみたりなど、相手の国を理解するようにしていけば、相手の両親もそれを見て少しずつ安心することが出来るようになっていくのではないでしょうか。

そして他にも相手の両親と上手く付き合っていくために必要なことは、家族での思い出をたくさん作ることだと思います。 すぐに仲良くなるというのは難しいことかもしれませんが、家族で色々なことをして、楽しい思い出をたくさん作るようにして行けば、自然と関係が深まっていくのではないでしょうか。

初めは、外国人の中に1人でいるので苦痛に感じてしまうことが多いかもしれませんが、このように家族みんなで楽しい思い出を作っていけば、苦痛に感じることで減っていき、楽しく過ごすことが出来るようになっていくと思いますので、是非家族でたくさんの思い出を作ってみてはいかがでしょうか。 相手の両親と上手く付き合っていくには、このようなことをもとにして試し、付き合っていってみてはいかがでしょうか。

違う国の人同士が関わっていくので、考え方などが違い、きっと大変なことはたくさんあると思います。 ですが、あなたはもちろん相手の両親もあなたを知ろうとしていると思うので、お互いを少しずつ知ろうとしていけば、徐々に上手く付き合っていくことができるようになるのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP