国際結婚 手続き

国際結婚をする時の手続き

国内結婚をするのとは違い、国際結婚ではたくさんの手続きをしなくてはいけないのです。

国際結婚をする人で、国際結婚は永住権や居住査証取得の早道という事情で、先進各国で偽装結婚をするという人が、すごく増えました。

そのため、国際結婚の手続きが年々複雑化していっているのです。
また当事者双方の国に婚姻手続きをしなくてはいけないのです。

まず、国際結婚をする時に必要になる書類を紹介します。
・婚姻届書
・戸籍謄本(婚姻届け先が本籍地役場でない場合に日本人に必要)
・パスポート(配偶者になる外国籍の人が日本にいる場合は必要)
・婚姻要件具備証明書(配偶者になる外国籍の人に必要)
このような書類が必要になるのです。

国際結婚をする時には、どのような手続きが必要なのかなどを見ていきたいと思います。

●婚姻要件具備証明書
婚姻要件具備証明書というのは、独身を証明するための書類にで、結婚出来る条件を備えていることを証明する公的文書なのです。 これは国際結婚をする際には、絶対に必要な証明書です。 また戸籍制度の無い国では、これに代わる書類が必要になるようです。 現在は多くの国で同書類が発行されますが、一部の国では、代用書類になっています。 日本では、居住地を管轄している地方法務局に申請書と戸籍謄本を提出すると約1時間程度で発行することが出来るようになっています。

●居住許可
国際結婚をすると容易に居住のための許可を得られる場合がほとんどですが、男女で異なる場合があるのです。 外国人男性と婚姻する女性の場合は、問題はないようですが、外国人女性と婚姻する男性の場合は、国により居住審査があったり、優先居住を認めてくれない国も一部あるようです。 何故かと言うと。女性は男性の扶養下にあって、男性は居住国で家族を養うために就労などを伴うことが必要なため、居住許可を得たとしても、労働許可など別途取得する必要がある国もあるようです。 これを見てもわかるように外国人と結婚する男性は大変だということがわかります。

●姓の変更
・日本名をそのままにしたい
日本名をそのままにしたい場合は、変更届を提出しなければ日本名のままになります。(ほとんどの人がこのケースを選択しています。) パスポートでは、()内に配偶者の姓を付けることも可能になっています。 子供が産れた場合は、出生届を外国姓にしたとしても、子供の日本戸籍上の姓は日本姓になりますので、2つの姓を持つことになるのです。
・日本戸籍の姓を変更したい
婚姻届とともに、結婚してから6ヶ月以内に在外日本大使館か領事館で手続きをすると姓を変更することが出来ます。

6ヶ月以降に変更しようとすると、日本の家庭裁判所でのわずらわしい手続きをしなくてはいけませんので、変更するのであれば早めに手続きをしたほうが良いでしょう。

また日本で国際結婚をする場合に必要なことと海外で国際結婚をするときに必要なことを見ていきましょう。

●日本で国際結婚をする場合
・最初に日本役所に届出をする場合
居住地の役場に婚姻届けと一緒に、日本人の戸籍謄本と外国人の婚姻要件具備証明書、その他の添付書類を提出します。 ですが、提出書類が法的要件を満たしていない場合は、預かり扱いになってしまい、法務省からの出頭要請が数か月に行われ事情を説明しなくてはいけなくなります。 また外国語書類は、日本語訳は必要で、国際結婚の場合は、夫婦別姓が認められています。
・最初に相手国の在日公館に届出をする場合 相手国に大使館で指定の手続きを行い相手国で婚姻を成立させ、その後は、3カ月以内に相手国が発行した婚姻証明書と日本語訳を添えて日本の役所に婚姻届けを提出することになりますが、国によって先ず日本の役所で婚姻届受理が必要になるケースがあるようです。 また日本の法律で、日本の役所に婚姻届けを提出しないと婚姻は成立することはありません。 ・婚姻相手の国籍により必要書類が異なる
日本では、偽装結婚による不法滞在や不法就労の防止などのために、婚姻や居住のための必要書類が国籍によって異なることがあります。

●海外で外国人と結婚する場合
に胃本人が海外で外国人と結婚する場合は、日本の役所が発行した婚姻要件具備証明書とパスポート、また国によっては追加の公的書類が必要になる場合があります。 相手の国での婚姻が成立した後は、相手の国で発行された婚姻証明書と日本の婚姻届けを在日大使館または、領事館に直接提出するか、に日本の本籍地に郵送しなくてはいけません。 どちらにしても、3ヶ月以内に届出をしないと処罰の対象になり、大使館に提出した本籍地に郵送され、届出者の新しい戸籍が作られます。

このように国際結婚をするとなると、色々な手続きが必要になりますが、この手続きを乗り越えれば、晴れて夫婦になる事が出来るのです。 国内結婚よりも手続きが大変ですし、必要な書類がたくさんありますが、結婚するためには必要な手続きなのです。

↑ PAGE TOP